植物園の側を通り過ぎた時

昼前、通勤の時、道端に咲いていたはまなすから良し香りが漂ってきました。
気分を嗅いです瞬間に、過去にはまなすのアロマを嗅いですときの物覚えが蘇ってきました。
とは言っても瞬間的なため、それがいつだったのかを今は思い出すことはできないのですが、気分って忘れていた物覚えを蘇らせる効果があると思うんです。
植物園の側を通り過ぎた時も、青臭い草木の気分で、昔に遊んだ自宅の裏山のVTRを思い起こしたことがあります。
再び、やっているとは思いますが、物覚えをなくしてしまった輩へのリハビリに各種気分を嗅がせたら、思いだすイベントあるんじゃないかなと思います。

さて、街の中で花の香りが漂ってくると、バイタリティが沈んでいたり、イライラしていても、ほっとすることができます。
初夏ははまなすやライラックのアロマがすさんです神経を癒してもらえる。
特に好きなのがアカシアだ。正式にいうと、自分のふる里におけるのはニセアカシアだ。
アカシアは熱帯から温帯住所に分布しており、日本では関東以北では育つことは難しいとのことです。
ニセアカシアは北米から明治時代に日本の渡来したそうで、
西田佐知子の「アカシアの降水がやむ状態」や石原裕次郎の「赤いハンカチ」の歌詞に見つかる「アカシアの花」などはすべてニセアカシアなんだそうです。
今年は先ずちょびっと香ってきましたが、未だに真っ盛りではないようだ。
やっと夏季にわたってアカシアを感じて、癒されたいと思います。このサイトもいいですけどね。
ぬきすと好きブサメンが、セフレ作ってヤリまくれた方法はコレ!

Read More